スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBLがほしい

4429

DYNAUDIOで40年代のジャズは聴けない

 突然、40〜50年代初期のスタン・ゲッツにハマり、猛烈にJBLが欲しくなってきた。解像度が高く空間表現が得意なDYNAUDIOで40年代後期のジャズを聴いても意味ないからだ。

 逆にソースの荒さと立体感のなさをDYNAUDIOが冷酷に暴き出し、とても聴いていられない。古いジャズはずっと聴いてなかったのだが困ったものだ。なんせ我が家のサブは同じくDYNAUDIOなので、これではサブのサブがいる。

 さて、こういうときにはJBLである。

 あれやこれやの細かいことはベールで覆い隠し、音楽の「熱さ」だけをひたすら引き出してくれる。とはいえナニの問題もあるし、4429くらいかなぁ。

 アンプはPASSのINT-150かマッキンで、と空想していたら、調べてみるとINT-150はいつのまにかディスコンになっていた。非常にショックだ。こういう音楽をまた聴くときがきたら、ぜひ欲しいと思っていたのだが。

 とするとマッキンか。どうせなら出力トランスがあったほうがいいからMA6700か……。しかしPASSのINT-150は気に入ってたんだけどなぁ。

 まあいいか。考えるだけならタダだし。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

tag : JBL_4429 DYNAUDIO PASS_INT-150 MA6700

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。