スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音の暖かさ、冷たさはどこで決まるか?

絵の具を混ぜるように音は調合できる

 暖色系の音、寒色系の音、という言葉をよく耳にする。その音は暖かみがあるか? それとも冷たく感じるか? である。ではそもそもオーディオ機器が出す音の暖かい、冷たいを、人間はどこで判断しているのだろうか? 大きな要素のひとつが高音の質だ。

 たとえば人間は高音がキラキラしていると、その音をひんやり冷たく感じる。そして「クールな音だ」と認知する。高域が派手で華やかなB&Wのスピーカーなどはその典型だ。

 ただしそのB&Wのスピーカーも、古いタイプの真空管アンプやラックスマンA級アンプのような暖色系アンプで鳴らせば、相応の暖かみが出るからおもしろい。パレットの上で絵具を混ぜ合わせるように、音は「調合できる」のだ。

「原音を忠実に再現すべし」

 そう信じている人は多いが、スピーカーとアンプを人間が勝手に組み合わせている時点で音はすでに「調合されて」いる。そう考えれば結局のところ大事なことって、「その音はあなたが楽しめる音かどうか?」だけである。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。