スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グレードの高さ」に意味がない世界

オーディオの「上がり」はなぜあるか?

 オーディオでは、ある程度の地点まで行くと、そこから先はグレードの高さに意味がなくなる。好みの問題になるからだ。

 例えば私はウィルソン・オーディオなんて低域のトランジェントが悪くてちっともいいと思わないし、だいいち私が聴くソースに合わない。そんなものが家にあってもまったく意味がない。

 一方、ルーメンホワイトは空間表現は良くても低域の打撃感とパンチ力に欠ける。音が軽すぎる。またB&Wは上の機種になるほど低域が遅くなって行くので何をか言わんやである。これらのどのスピーカーより、私の趣味ではC1のほうが上だ。

 アンプに関しても同じである。世に巨大なパワーアンプを擁するハイエンドなシステムはいくらでもあるが、それらはたいてい「ドッスゥ〜〜〜〜〜ン」という遅い低音を吐き出している。そんなもので音楽を聴いてもちっともスリリングじゃない。

 結局、オーディオはある程度のグレードまで行くと、そこから先は単に好き嫌いの話になり、いくら高額でも自分には意味がない世界になる。

 自分の好みじゃない音を出す、超高額システムで音楽を聴いてもちっとも楽しくない。

 これがいわゆる双六の「上がり」という現象である。

 逆にいえば自分の音を持ってない人は取っ替え引っ替えズルズル投資額だけがかさんで行き、好きな音にではなく「高額なシステムを所有している自分」に自己満足するしかない。このテの人にはゴールがない。

 つまり、オーディオ沼である。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。