スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラシーボにハマらない試聴のコツ

他人の意見はあとで聞け

 試聴のコツはいろいろあるが、音を聴く以前に気をつけたいことがある。

 それは自分が試聴する前に、同じ機種に対する世間の評判や、他人のレビューなどをあまり見聞きしないようにすることだ。

 例えば「製品Aはすごくキレがいい!」とか、「製品Bの高音はきらびやかで伸びがあり~」みたいな評判をあらかじめ知ってしまうと、必ずそれにより先入観(プラシーボ)ができる。

 すると自分の耳で聴く前から、頭の中に余計な「結論」ができてしまう。

 試聴しながら他人のレビューを思い浮かべ、なんとなく「そんな気がするぞ」と流されてしまう。他人の感想に影響され、「自分ならではの感じ方」ができなくなる。これは致命的だ。

 試聴へ行く前には、できるだけ頭を真っ白にしておく。

 これが基本である。

【参考記事】

『試聴にコツはあるか? ~音をどう 「整理する」 か?』

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。