スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオ試聴のコツは「相対評価する」ことだ

CDPが変わっただけでまったく別の音になる

 秋葉原にまだ旧「レフィーノ&アネーロ」という超高級オーディオ店があったころの話だ。1Fフロアの一角にはDYNAUDIOのコーナーがあり、店頭でVIOLAのセパレートと組み合わされていた。

 気が向いて通りすがりに店へ行くと、いつもCADENZA(プリ)とSYMPHONY(パワー)でDYNAUDIOのC1を楽しませてもらっていた。CDPはSONYのハイエンド機(100万くらい? 型番は失念)だった。

 まだC1を買う前の話だ。余談だが、このころ聴いたVIOLAの超重量級の音が忘れられず、後日C1のアンプ選びにはえらく苦労した。(他製品ではどうしても満足できず、実際にVIOLA購入寸前まで行った)

 それはともかく。

 なわけでレフィーノへ行くと、すっかりC1+VIOLA+SONYとの蜜月が続いていた。だがある日いつものように店を訪れると、突然CDPが私の超苦手なアキュフェーズのハイエンド機に変わっていた。

 恐る恐る音を出してみた。するとそれまでのまろやかで芳醇なあの味わいが完全にすっ飛び、ひたすらキリキリと耳をつんざく痛い高音が響き渡った。音というより、あれは「痛み」でしかない。

「CDP単体の音」をハッキリ認識した瞬間だった。

 つまり結果的に私は、「CDPの音のちがい」を聴き分けたのだ。

 ずっとてっきりあれは「VIOLAの音だ」とばかり思っていたわけだが、あのまろやかで芳醇な音にはSONYのCDPも相当程度貢献していたわけだ。それまで「このSONYのCDPはどんな音か?」なんてまったく考えたこともなかったので、偶然とはいえ貴重な体験をさせていただいた。

 こんなふうにオーディオの試聴では単にお目当ての機器を聴くだけでなく、あえてまったく別の機器と聴きくらべてみると、逆に目的の機器自体の音がよくわかる。つまり候補の1機種だけを聴く「絶対評価」でなく、別の機器と聴きくらべてみることにより相対評価することがコツなのだ。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。