スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオのセオリーを疑え

クラシック向きのセオリーばかりのオーディオ界

 歴史をさかのぼれば、オーディオはもともとクラシック音楽をいい音質で再生するために発展してきた。ゆえにオーディオ業界やオーディオ・マニアはクラシック再生を想定し、そこからオーディオのさまざまなセオリーや常識が生まれた。(ただしこれらはあくまでクラシックを心地よく再生させるためのノウハウであることが多い)。

 だがその後、社会の近代化が進んで音楽も多様化し、いまや音楽人口はクラシック愛好家だけでなく多くのジャンルに幅広く分散している。例えば日本で音楽人口がいちばん多いのは、おそらく圧倒的にJ-POPだろう。

 ところが再生させるべき音楽の方は多様化したのに、オーディオ界では相変わらず昔と同じクラシックの再生を想定したセオリーや常識がまかり通っている。

 一例をあげれば文末の【関連記事】で解説した「ゴム系のインシュレーターは絶対禁物! マグネシウムのような金属系がベストだ」みたいな常識だ。これはつまり解像感が最優先されるクラシックの再生を想定したセオリーである。

 だが逆にロックやR&Bを聴く人は、解像感よりむしろパンチのきいた躍動感が出るゴム系のインシュレーターの方がよかったりする。

 とすれば一般に「○○を使うのがベストだ」とか「××には○○を組み合わせるのがいい」などと、あたかも何にでも適用できる絶対的なセオリーであるかのように言われていることも、いちいち疑ってかかる必要がある。ときにはセオリーと正反対のことをやるのが自分の場合は正解だったりするからだ。

 もしあなたがクラシック以外の音楽を聴いているなら、なおさらである。

【関連記事】

『付帯音や歪みが「味」になる音楽とそうでない音楽』

『トランジェントのよい音は 「正しい音」 か?』

『解像度ってそんなに重要か?』

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。