スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこにお金をかけるのか? それが問題だ

オーディオは上を見始めるとキリがない

 オーディオでは、上を見始めるとしまいにゃ電柱を買うハメになる。なので私はみずからに閾値を設けている。でないと際限なくコストをかけることになり、オーディオ関連業者にいいように食い物にされるからだ。

 話をわかりやすくするため、まずはイヤホンを例に取ってみよう。

 私はiPod用にUltimate Ears TripleFi 10 Proというカナル型イヤホンを使っている。だがサードパーティー製の高価な交換ケーブルには絶対、手を出さない。このイヤホンの本体は5万円くらい。なのに1万円以上する他社製の高級交換ケーブルが出回っているのだ。そんなものまで買い始めるとキリがない。コスト・バランスが悪すぎる。

 また私はポータブル・アンプには手を出さない。もちろんポタアンを使えば音は良くなるに決まっている。だが街をうろつくとき持ち歩くiPodを使うにあたり、わざわざカサ張る上に重いアンプを持ち歩くなんて本末転倒だ。街の風景を楽しむためのBGM再生装置であるiPodにアンプなんていらない。

 もちろん自宅でもイヤホン挿してiPodを聴くなら別だ。だが私は自宅ではスピーカーで音楽を聴いているからその必要はない。そもそも5万のイヤホンに、5万のポータブル・アンプなんてコスパが悪すぎる。いやもちろんどこにお金をかけるかは個人の自由だし、繰り返しになるがアンプを使えば音は良くなるに決まっている。だがそんなふうに上を見始めるとキリがない。

 こうして私は、余ったお金で1枚でも多くCDを買いたい。私の第一目的はあくまで音楽を楽しむことであり、その他のことにムダなお金を費やすなんて考えられない。

 さて、これをピュア・オーディオに当てはめれば……もうおわかりだろう。

 いや確かに電気を 「きれいに」 するため我が家の屋根にソーラーパネルを設置した。これは原発に依存し切った今のエネルギー構造を転換する一助になれば、との思いもある。で、電気の完全自家発電体制を作るところまではやった。その際、電気系統も見直し、ついでに壁のオーディオ専用コンセントもいくつか新設している。だけど効果のわからないクリーン電源にコストをかけるなんてナンセンスだ。

 ほかにも吸音ボードやら拡散材、怪しい調音アクセサリー、スピーカーケーブルのための(!)インシュレーター、高級電源ケーブルなどなど、上を見ればキリがないほど高価なものは売られている。だけど、そんなものに余分なコストをかけるつもりはない。

 こうして余ったお金で私は1枚でも多くCDを買いたい。なにしろ好きな無数のアーチストの聴きたいCDは、次から次へと際限なく新譜が出るのだ。

 私はそこに湯水のようにコストをかけたい。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。