スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランジェントのよい音は 「正しい音」 か?

 先日、おもしろい体験をした。通りすがりにオーディオ店へ寄ったのだが、ちょうどB&W 805SDがデノンのPMA-SA11で鳴っていた。

 流れている音楽は熟年の女性ジャズボーカルだ。出音は大人の女性の色気たっぷりで、えもいわれぬ余韻がふんわり漂っている。声には艶と潤いが乗り、まったりした雰囲気がすごくよかった。

 で、試しにアンプをPMA-SA11とは正反対のキャラのラックスマン L-507uXに替えてみた。すると音がとたんに豹変し、「余韻」 などまるでない、歯切れのいいハイスピードな(笑)鳴り方に変わった。艶や潤いも消え、かっちりハッキリした音になった。もはや大人の女性の色気もへったくれもない。アンプがソースに合わないのだ。(いやL-507uXの名誉のために言っておくが、もちろん彼には別の働き場所があり、別のマッチするソースがある)

 起こった出来事を分析してみよう。

 PMA-SA11で鳴っていたうちは、デノン特有の(悪くいえば)低音のにじみが声の艶や余韻に転化され、トランジェントの悪さ(歯切れの悪さ)が逆に女性ジャズボーカル特有のまったりした雰囲気を作っていた。音のにじみやある種の 「歪み」 が味になり、スピードの遅さがゆったりリラックスできる大人のオンナの武器として機能していた。

 再生させるソースにさえ合えば別に高解像度ハイスピードでHi-Fiな音でなくても、いや正確にいえば 「そうでない」 からこそ、その音楽のもつ味わいがよく表現される。

「トランジェント特性に優れている」 といえば、絶対的に 「正しい音」 のようなイメージがある。だが現実はそう簡単じゃないし、音楽の世界はもっと深い。

【関連記事】

『付帯音や歪みが「味」になる音楽とそうでない音楽』

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。