スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機器選びはまずスピーカーから

 オーディオは何から選ぶのがベストか? まずスピーカー? それともアンプ? と疑問を持つ人は多い。そこで今回は機器選びの順番について書こう。

 話をわかりやすくするため単純化すると、あなたがまだ何も持っていない状態なら、まずスピーカーの機種を決めるのがかしこい。

 なぜならスピーカーは、システム全体の音をいちばん大きく左右するからだ。つまりスピーカーを決めた時点で、システムの音がかなり決まる。言い換えればスピーカーを選ぶというのは、システム全体の音の方向性を決めることでもある。

 またスピーカーの中には極端に能率が低いものがあったり、鳴らしにくい製品もある。この場合、スピーカーをドライブするアンプの力が重要になる。つまりそのスピーカーに合ったアンプを選ぶことが大事だ。

 まとめよう。まず好きな音が出るスピーカーを決める。次にそのスピーカーをうまく鳴らせるアンプを選ぶ。この手順がいちばんわかりやすく、まちがいがない。

スピーカーの機種によってはアンプの役割も変わる

 ただしスピーカーの機種によっては、どんなアンプで鳴らしてもスピーカーの音(個性)が強く出るものがある。この場合、仮にアンプを替えても、大なり小なりスピーカーの個性がハッキリ出る。色付けの濃いスピーカー、個性の強いスピーカーの場合、こうなりやすい。

 たとえばJBLなどは典型だ。アンプを替えても頑固にJBLの音が出る。もちろんJBLだってアンプを替えれば音は変わるが、その音が「JBLであること」にはまちがいない。

 一方、DYNAUDIOやFOSTEXのように色付けのないスピーカーの場合、上流の音がそのまま出る。アンプやCDPの音をスピーカーがあまり脚色しないからだ。ゆえにアンプの音が素直に出る。

 こういうスピーカーの場合、アンプを替えれば敏感に反応し、替えたアンプの音が出る。だから「スピーカーの音を聴いている」というより、「アンプの音を聴いている」かのような感覚になる。またCDPを替えても音の変化がわかりやすい。

 とすればこのタイプのスピーカーは、どんなアンプを選ぶのかでシステムの方向性が大きく変わる。いってみればDYNAUDIOやFOSTEXは、真っ白なキャンバスである。そこにどんな色(アンプ)を塗るのかで、絵が決まる。その白いキャンバスにどんな絵を描くかは、あなたの自由だ。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

tag : JBL DYNAUDIO FOSTEX

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。