スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰も店舗でオーディオを買わない時代

どの店も納品まで2カ月待ち、なのにネット通販だと翌日に納品される

 ある人が人気のスピーカー、DALI ZENSOR1を買いに新宿の量販店へ行った。するとどの店も納品まで2カ月待ち。なのに同じ量販店でも、ネット通販だと翌日納品可能だったという。

 つまりオーディオの流通構造が変わり、誰も店舗でオーディオを買わない時代がやってきたのだ。

 その昔、オーディオといえばまずショップへ行き、試聴して買うのがふつうだった。だがオーディオ不況で専門店の撤退や縮小統合が進み、リアル世界に売り場が少なくなった。それと入れ替わるようにネット通販が劇的に伸びた。その結果、みんながオーディオをネット通販で買う時代がやってきたのだ。

ネット通販で買い、「当たり」 を引くまでヤフオクで何度でも売る

 たとえば今の若い人のオーディオ購買スタイルはどうか? まずネットで検索し、いろんな人が書いたオーディオのレビューを読みまくる。あるいはネット上の掲示板で質問する。で、よさそうなオーディオ機器を絞り込み、試聴せずにネット通販でとにかくポチる(買う)。

 上の年代の人間から見れば、「音の好みは人によってまるで違う。なのに試聴せずに買うなんてクジ引きと同じだ。もしハズれたらどうするのか? お金がもったいないじゃないか」と思えるが……ちゃんと今では対策も用意されている。買ってみて実際に音を聴き、気に入らなければ、即、ネットオークションで売り払うのだ。

 ヤフオクなどでは、人気の機種なら 「新品同様」 とやればかなりの値段になる。機種によってはプレミアがつき、ほとんどメーカー希望小売価格同然で売れたりもする。で、「ネット通販で買う → ヤフオクで売る」 のサイクルを、気に入った機種が手に入るまで繰り返す。つまり機器を自宅試聴しているのと同じ。見事につりあいが取れている。

 いまやオーディオ専門店の中には、自社のネット通販体制を徹底的に強化し、生き残りを図る店もある。

「オーディオは試聴が基本」 の時代は、もはや終わったのかもしれない。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。