スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラインドテストは意味があるか?

「ほら、ブラインドテストで音の違いが判別できなかったぞ。やっぱり電源ケーブルで音は変わらないんだ――」

 この言説は果たして正しいだろうか? もちろん、そんなことはまったく断言できない。

 そこには、「ブラインドテストをした『Aさんの耳』には、音の違いがわからなかった」という客観的事実があるだけだ。それをもって「音が変わらない」ことの証明にはならない。

 ブラインドテストがあたかも「真実をあぶり出す魔法の杖」であるかのように考える人もいる。だがブラインドテストは、あくまで人間の予断を排除するための単なる仕掛けにすぎない。ブラインドテストで音の変化がわからなかったからといって、それイコール、Aさんは「音が変わらないことを正確に聴き分けた」などとはいえない。

 なぜならAさんでなく、もっと耳のいいBさんがブラインドテストをすれば、音の違いは判別できるかもしれないのだから。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

tag : ブラインドテスト

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。