スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マランツ PM-11S3 vs ラックスマン L-507uX、ライバル対決やいかに?

PM-11S3.jpg

 ■マランツ PM-11S3

 時を同じくして、気になるヤツが2人もあらわれた。

 まずは先月末に発表されたばかりのマランツ、PM-11S3。先代のモデルが印象に残るデキだっただけに、本機は気になる。

 各種リリース・報道等によると回路のハイスピード化と電源トランスの大容量化(30VA→50VA)、特注22,000μFのブロックコンデンサー、「セパレート並」という空間表現力とディテール再現性あたりがキモのようだ。セパレートにするより単品に詰め込んだ方が売りやすい、との企業戦略なのだろう。


L-507uX.jpg

 ■ラックスマン L-507uX

 一方、8月下旬に発売されるのがラックスマンのL-507uXだ。音質劣化を抑えた電子制御アッテネーター「LECUA」や、歪性能を改善した独自の高音質帰還回路ODNFの最新バージョン3.0を採用し、大容量コンデンサー(10,000μF×4本)も目を引く。

 先代のL-507uはFOSTEX G1300で試聴し完全にノックアウトされただけに、どうスペックアップしているのかが気になる。

 早く試聴したいなぁ。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

tag : マランツ PM-11S3 ラックスマン L-507uX

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。