スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マランツ CD5004、実売3万を切る価格破壊

マランツ CD5004

音の分離がよくハッキリくっきり

 解像感があり、ハッキリくっきり。高域に独特のツヤがある。高音がひんやりする寒色系だ。デノン製品のような低音に量があるタイプではなく、タイトな音。なのにその割にはエネルギー感や躍動感もある。なんといっても実売3万を切るコストパフォーマンスが最大のウリだ。

 セットした機器はスピーカーがDALI ZENSOR 1、アンプがマランツのPM5004だが、この組み合わせでは三次元的な立体感があり空間表現のうまさが目立つ。音像にリアリティもある。帯域バランスでいえば中高域が立っており、サックスやヴォーカル、ギターの伸びがいい。弦の音も艶やかだ。

 考えてみれば今まで実売3万を切るクラスで、こう音の分離がいい機器があっただろうか? と考えてしまう。

 いや、もちろん長所だけでなく短所もある。低域に密度感のないすっきりタイプだから、低音がブンブン鳴るJ-POPやHip-Hopに耳が慣れている人だとスカスカに感じるかも? (実際、情報量は価格なりだ)。また人によっては高域がシャリついて聴こえるかもしれない。

 こんなふうにオーディオ機器は長所と短所をはかりにかけ、「自分の好みに合う」と思える製品を選ぶのが正しい。そんな目で見れば、おそらく本機がお眼鏡にかなう人も多いはずだ。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

tag : マランツ CD5004 DALI_ZENSOR_1 PM5004

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。