スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音色が変わるだけで音質は変わらない?

 機器の買い換え相談で、こんなセリフを目にすることがある。

「それ、音色が変わるだけで音質は変わらないよ」

 グレードアップにならないぞ、という意味だ。一面正しいし、こういう含みのある物言いはいかにも専門知識がありそうで、思わず「なるほど」と洗脳されてしまいそうになる。

 だがその実、これはオーディオのどこに価値を見出すか? のちがいにすぎない。ある種のオーディオマニアは「音色」の価値を極端に軽く見る傾向がある、というだけの話だ。彼らにとっては音色より、音場の広さとか立体感、解像度なんかが重要なわけだ。

 だけど素朴な話、「音色が好みに合うかどうか?」って、どえらい重要な問題だと思うけどね。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Dyna-udia

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。