スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオって「出会い」だなぁ

 つくづくオーディオって「出会い」だなぁ、という体験をしたので、そんな記事を書こうと思いつきました。

 ひょっとしたら近日中に公開します。

 乞うご期待。
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

JBLがほしい

4429

DYNAUDIOで40年代のジャズは聴けない

 突然、40〜50年代初期のスタン・ゲッツにハマり、猛烈にJBLが欲しくなってきた。解像度が高く空間表現が得意なDYNAUDIOで40年代後期のジャズを聴いても意味ないからだ。

 逆にソースの荒さと立体感のなさをDYNAUDIOが冷酷に暴き出し、とても聴いていられない。古いジャズはずっと聴いてなかったのだが困ったものだ。なんせ我が家のサブは同じくDYNAUDIOなので、これではサブのサブがいる。

 さて、こういうときにはJBLである。

 あれやこれやの細かいことはベールで覆い隠し、音楽の「熱さ」だけをひたすら引き出してくれる。とはいえナニの問題もあるし、4429くらいかなぁ。

 アンプはPASSのINT-150かマッキンで、と空想していたら、調べてみるとINT-150はいつのまにかディスコンになっていた。非常にショックだ。こういう音楽をまた聴くときがきたら、ぜひ欲しいと思っていたのだが。

 とするとマッキンか。どうせなら出力トランスがあったほうがいいからMA6700か……。しかしPASSのINT-150は気に入ってたんだけどなぁ。

 まあいいか。考えるだけならタダだし。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

tag : JBL_4429 DYNAUDIO PASS_INT-150 MA6700

あなたのオーディオは気持ちいいですか?

 本格的なマニアが、BOSEをバカにするのをよく耳にする。

 確かにBOSEはオーディオ的にはランクが下かもしれない。

 だが音楽的にはすばらしい機材だ。

 なぜなら原音なんて関係なく、持ち主が「気持ちいいような鳴り方」をするからだ。原音に近いかどうかでなく、「聴いて気持ちいいかどうか?」だってオーディオの大事な要素だと思うけどなぁ。

 あなたのオーディオは気持ちいいですか?

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

CDプレーヤーはDACのちがいが大きい

単体DACを替えてびっくり

 CDプレーヤーのトランスポート部は、音にどれくらい影響するのか? そう思い、昔、実験してみたことがある。

 実験では、同じ価格帯だがメーカーのちがう2台のCDプレーヤーを用意した。そしてこれらをCDトランスポート専用として使った。で、2台を同じ単体DACに交互につなぎ、トランスポート部による音のちがいを検証した。すると私の駄耳では、ほとんどちがいがわからなかった。(もちろん微妙な差はあったがブラインドではわからない)

 さて次はDACによる音の差だ。

 今度は同じ価格帯で、メーカーが異なる2台の単体DACを用意した。で、1台のCDプレーヤーをトランスポートとして使い、これを2台の単体DACに交互につなぎ替えた。するともう、笑っちゃうくらい音がちがった。(当たり前だが)

 やっぱりDACのちがいが大きいんだなぁ、CDプレーヤーって。

(付記)

 ただしトランスポートのグレードがちがう場合、例えば100万のトランスポートと50万のトランスポートの音のちがいは未検証なので今後の課題だ。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

【続】なぜプラシーボを楽しめないのか?

オーディオでは「錯覚」を排除できない

「いま、俺はケーブルを交換したぞ」という意識がある以上、オーディオではプラシーボの可能性から逃れられない。

 なぜなら「せっかく交換したんだから音が変わってほしい」という欲望が、プラシーボの素になるからだ。

 あるいは百歩譲ってそんな希望はもってないにせよ、「ケーブル交換したんだから音が変わってもおかしくはないぞ」のような予期心理自体がプラシーボを呼ぶ。

 結局、オーディオではプラシーボを完全には排除できない。

 にもかかわらず、そこで「俺の感覚は絶対に正しい」、「俺にプラシーボなんてありえない」、「絶対に認めないぞ」などと宗教的な信仰心を発揮してがんばってしまうからストレスになるのだ。

 もとは「音」を「楽」しむために音楽を聴いていたはずなのに、いつしかそれが難行苦行になる。「音がこうなってほしい」という強い欲望を抑えきれず、現実はそうなってないのに認めることができない。やがては自己矛盾を起こし、自分自身が崩壊してしまう。

 だったらどうせプラシーボから逃れられないなら、「音が変わってうれしいな / 楽しいな」のような感覚をプラシーボ込みで楽しんでしまえばいい。

 音楽という言葉は、音を楽しむと書く。そこでがんばってしまうのでなく、プラシーボを楽しんでしまえばあとはバラ色だ。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

なぜプラシーボを楽しめないのか?

オーマニは「それ」を絶対に認めない

オーディオマニアはとかく、「プラシーボ」という言葉に過剰反応する。

自分の聴いた「体感」がプラシーボであってはならない、絶対にそんなことは認められない、みたいな感じだ。

あまりにも必死すぎる。

なんだか宗教チックで、実に不思議である。

だってプラシーボを楽しむことも含めて、オーディオの楽しみだといえるからだ。

音の暖かさ、冷たさはどこで決まるか?

絵の具を混ぜるように音は調合できる

 暖色系の音、寒色系の音、という言葉をよく耳にする。その音は暖かみがあるか? それとも冷たく感じるか? である。ではそもそもオーディオ機器が出す音の暖かい、冷たいを、人間はどこで判断しているのだろうか? 大きな要素のひとつが高音の質だ。

 たとえば人間は高音がキラキラしていると、その音をひんやり冷たく感じる。そして「クールな音だ」と認知する。高域が派手で華やかなB&Wのスピーカーなどはその典型だ。

 ただしそのB&Wのスピーカーも、古いタイプの真空管アンプやラックスマンA級アンプのような暖色系アンプで鳴らせば、相応の暖かみが出るからおもしろい。パレットの上で絵具を混ぜ合わせるように、音は「調合できる」のだ。

「原音を忠実に再現すべし」

 そう信じている人は多いが、スピーカーとアンプを人間が勝手に組み合わせている時点で音はすでに「調合されて」いる。そう考えれば結局のところ大事なことって、「その音はあなたが楽しめる音かどうか?」だけである。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

鳴ってる音の「意味」を知る

オーディオは足で稼げ

 例えばモニター的なスピーカーを試聴し、「なんだか大人しい音だった」という人がいる。「これといって特徴のない音だ」と落胆する様子の人もいたりする。だがもしかしたら、それは目の前で鳴っている音の「意味」を知らないだけかもしれない。

 例えば音の「奥行き」とは何か? 「速い音」ってどんな音か? 「音の芯」とはいったい何か?

 あるいはドラムの各タムの位置まで正確にわかるような、三次元的な鳴り方をする空間系スピーカーを聴いたことがないとすれば? たとえその音を初めて聴いても、すぐにその「意味」がわかるわけがない。

 いってみれば目の前でどんなにすごい「手品」が行われても、「これはすごいぞ!」と認知できないのと同じだ。

 その意味ではオーディオという趣味は、手品のタネの意味がわかるようになるまで、いろんな種類の違う音をひたすら聴き込むしかない。

 あちこちショップを回り、試聴した数の分だけ、自分の価値観が多様化し視野が広くなる。音の「意味」がわかるようになる。自宅のオーディオを「ああでもない、こうでもない」といじってばかりいるのでは世界が広がらない。

 その意味では平凡な表現だが、オーディオとは「足で稼ぐ」ものなんだな、とつくづく思う。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

低音は「量」ばかりでなく「質」も大切だ

いい低音が鳴るオーディオ機器を選べ

 人間、耳が肥えてないうちは、とにかく量がたくさん出る低音にひかれるものだ。だが試聴を重ねるうちに、だんだん低音の質が気になるようになる。

 ゆえに試聴では低音の「量」ばかりでなく「質」にも耳を傾けてみよう。低音をチェックするには、ベースギターの音に注意して聴くといい。低音の質が高いかどうかは、以下のような要素がチェックポイントになる。

1. 低音が「ぼわぁ〜ん」とあいまいに響いてないか? 
2. その低音には輪郭があるか?
3. 低音が素早くドンと立ち上がり、消えるべきタイミングでスッと鳴り止むか? 
4. 低音の歯切れはいいか?
5. 低音の中心部に芯があるか?

 ザックリ以上の要素に注意すれば、そのオーディオ機器が出す低音の質が高いかどうかを聴き分けられる。

 あなたも明日から「低音上手」になろう。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

オーディオマニアと音楽ファンの分かれ道

オーディオマニアと音楽ファンを分けるものは?

 音質や音色がいい音楽を聴くのは楽しいものだ。

 だが音質は悪いがいい音楽と、高音質だけど音楽的には見るべきもののない音楽とでは、どちらがいいか?

 オーディオマニアと音楽ファンは、ここでハッキリふた手に分かれる。

 いくら音質がよくても、音楽的にどうしようもなければどうにもならない。音楽ファンなら当然、こう考える。

 もしあなたがそう判断せず、「優秀録音盤」などと銘打つものを有難がっているとすれば危険水域かもしれない。

テーマ : オーディオ機器
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:Dyna-udia
DYNAUDIOというスピーカーに出会ったせいで、こんなブログをやってます。

最新記事
カテゴリ
DAC (2)
メールフォーム
※オーディオ購入の個別相談には応じかねます。ご了承下さい。

あなたの名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

全記事一覧・表示リンク

全ての記事を表示する

ブログ内検索
※このブログの記事の中から検索します
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。